女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

クレヨンの落書きも消える!床の水拭き、から拭き、ゴミ掃きが一気にできるごみ取り電動モップ。時短にもなって利便性アップ

▼あわせて読みたい
掃除機と水拭きの機能が一台に!業務用並みの性能で、おうち時間を快適空間に変える電動クリーナー

電気機器の修理・メンテナンスを生業としてきたエンジニアカンパニー「アイ・ティー・シー」が、2017年に立ち上げた生活家電ブランド「livease(リヴィーズ)」から、コードレスごみ取り電動モップ「ゴミップ」が登場。応援購入サービス「Makuake」にて、2021年5月28日(金)まで先行販売が始まった。

「ゴミップ」は、2017年発売開始から好評のロングセラー商品「EM-011W コードレス電動モップ(水スプレー機能付き)」に、ごみ取り機能を追加した改良製品。「もっとコンパクトがよい」「水拭きだけでなく、ごみも取れる方がよい」「でも拭き掃除のパワーは落としたくない」といったユーザーのさまざまな声に応えた。

ヘッド先端の高速回転ブラシでゴミを掃き取りながら、毎分1,000回振動するモップヘッドとパッドの滴水機能でべたつき汚れやこびりつき汚れも強力に拭き取る「ゴミップ」。2枚のモップパッドを駆使してワンストロークで乾拭きまできるので、水拭き後の床もサラサラだ。

床掃除といえば、「拭き掃除は膝や腰がつらい」「雑巾を濡らすのが面倒くさい」「ゴシゴシこすらないといけないので疲れる」「拭き掃除前にごみ掃除するのが煩わしい」といったことが頭に浮かぶ人も多いのでは。「ゴミップ」は、そんな煩わしさから解放してくれる。

▼あわせて読みたい
食洗機はお皿を洗うだけじゃない!マスクや持ち物の除菌ができる優れもの。工事不要で自動でドアが開き自然乾燥も可能

底面の前後2枚のモップパッドが1分間に約1,000回強力振動することにより、汗や皮脂、食べこぼしなどの頑固な汚れもしっかり拭き取れる。もう床にしゃがんで雑巾をゴシゴシこする必要はなく、立ったままラクに床の拭き掃除がおこなえる。

水拭き機能はあらかじめ本体給水口から内部タンクに水を入れておくことで、手元のボタンを押すだけで適量の水が前部パッド(水拭きパッド)に染み込むウォータードリップ構造を採用。前部のパッドで水拭き、後部のパッドで仕上げのから拭きが可能になり、ワンストロークで床がサラサラになる。

「ゴミップ」は、専用設計の毛足の長いマイクロファイバーパッドを採用。髪の毛の100分の1の細さの繊維で床の雑菌を除去でき、強力振動することでこびりつき汚れなどもラクラク落とすことができる。

本体サイズよりパッドの幅を少しだけ大きくすることで、パッドが床の角にもフィットし隅々まで汚れが落とせるようになった「ゴミップ」。壁際はもちろん、スティックが床ギリギリまで倒れるので家具の下も簡単に掃除することが可能だ。

モップ先端にごみをかき取る高速回転ブラシが付いているので、ごみ掃除と水拭きが同時にでき掃除時間を大幅に短縮。ゴミの吸引能力は掃除機に劣るものの、部屋のキープクリーンに絶大な効率を発揮する。ごみやほこりが多い場合は手持ちの掃除機で一度掃除すれば、その後は定期的に「ゴミップ」を使用することで、頻繁な掃除機がけをしなくても部屋をきれいに保つことができる。

▼あわせて読みたい
掃除機を超えたほうき!5層ブラシで繊細なゴミや髪の毛も逃さない、圧倒的な“ひと掃き”が実現

モップパッドの強力振動は汚れを落とすだけでなく、床との摩擦を電動で行うため手を添えるだけで滑るようにモップが前に進む。クレヨンの落書きやゴミが散らばった床もワンストロークでピカピカにしてくれる。

ゴミ取り掃除と雑巾がけを1度に同時にこなす「ゴミップ」。テレワークやステイホームの影響でどうしても汚れがちな家庭内の床も、かがまず立ったまま短時間で清潔にできる。室内でペットを飼っている、赤ちゃんが床をハイハイするといった家庭にもおすすめの電動モップだ。

コードレスごみ取り電動モップ“ゴミップ”(滴水機能付き)
先行販売価格:13,860~25,740円(税込)※プロジェクト終了は2021年5月28日(金)予定
サイズ:270×240×1180mm
重量:2.34kg
充電時間:4時間
稼働時間:モップ動作のみ65分、モップ、ブラシ動作両方50分
給水容量:110ml
発送:2021年8月末頃発送予定
Webサイト:https://www.makuake.com/project/livease-gomipp(URL)

source: 応援購入サービス「Makuake」(URL)



【Not Sponsored 記事】

関連リンク

Page Top