女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

お寺がライブ会場に!?有名アーティストも参加する一風変わった音楽フェス

かつて城下町だった街並みの中に、ヨーロッパを思わせるような建物やカフェがあり、旅先として人気が高まりつつある茨城県結城市。4月20日(土)・‬21日(日)に行われる「結いのおと」は、アーティストのライブ会場を巡りながら街の散策も楽しめる特別な音楽フェスです。どんなものなのか、早速チェックしましょう。

風情ある建物が多く残る街で行われる音楽フェス

photo
茨城県と栃木県の県境に位置する結城市。江戸時代末期には商業都市としてにぎわっていた城下町です。歴代の当主が仏教に深く関わっていたことから、菩提寺など古くからの寺社が多く残っています。また、商店街には土壁の上に漆喰などを塗った蔵造りの建物が見られ、風情のある街並み。歩けばタイムスリップしたかのような気分が味わえるとあって、特に歴史やレトロなものが好きな女性から昨今人気を集めています。
photo
そんな結城市で2014年から開催されている音楽フェス「結いのおと」が、今年も4月20日(土)・‬21日(日)の2日間にわたって行われます。
有名アーティストに楽曲提供も行う「Caravan」や、映画主題歌などを手掛ける「T字路s」など、精力的に活動する豪華アーティストが20組以上集結し、街のいたるところでライブを行う、音楽好きにはたまらないイベントです。
そしてもうひとつ、結城市ならではの大きな特徴があります。

歴史を感じる建物がライブ会場に

photo
アーティストたちが楽曲を披露するのは、ライブハウスや広い野外ステージではありません。厳かで静かな空気が漂うお寺や、幕末や明治に建てられた酒蔵、元銭湯などライブとはなかなかイメージが結び付かない場所が会場となるのです。
photo
ほかにも、住宅街にあるカフェや古民家を利用した料理店など、歴史や懐かしさを感じるような場所ばかり。そこでアーティストの方たちや来場者のみんなと一体になり、心地よい音楽に浸れます。穏やかでありながら静かな熱気を帯びたライブは、一般的なライブとは一味も二味もちがう空気感です。
photo
アーティストによっては、結城紬の着物を着て登場する人がいたり、お客さんも着物を借りて会場巡りができたり。音楽が好き、和風建築が好き、レトロなものが好き…。いろんな人が一緒になって盛り上がれる結いのおと。会場によっては20時頃までライブ会場として解放されている場所もあり、一日中満喫することができます。

食とグッズが充実のマルシェも

photo
もうひとつ見逃せないのがマルシェです。茨城県内の隠れ家レストランやカレー屋さん、手作りチョコレート屋さんのほか、東京や栃木のカフェなども出店。自慢のメニューを振る舞います。また、アウトドア用品や革製品、てぬぐいなどのグッズ販売もありますよ。
photo
マルシェブースではほかにもワークショップが行われたり、アーティストのゲリラライブがあるといった耳より情報も。
青空の下、歴史的な建物に囲まれ、周囲から聞こえる音楽をBGMに、食事やお買い物などを楽しんでください。

音楽と街並みを満喫する特別なフェスを楽しもう

photo
東京から結城市までは新幹線を使えば約1時間半。足を伸ばしやすい関東の人はもちろん、東北や関西の方から駆けつける人も少なくありません。多くの来場者から、「好きなアーティストがたくさん来ていて満足した」「会場はいろいろあるけれどコンパクトで回りやすく、どこも雰囲気が素敵」といった声が上がっているそう。中には、結城市に移り住んでお店やオフィスを開くほどこの地やイベントに惚れ込んだ人もいるそうですよ。

ライブチケットは、結いのおとの公式ホームページで販売中。参加予定のアーティストのプロフィールやミュージックビデオと、風情ある会場の案内もまとめられているので、ぜひ参考にしてください。この春は、趣きのある結城市で行われる、結いのおとで音楽に浸りませんか?

writer / ゆりか photo / 結いプロジェクト事務局

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。


【Not Sponsored 記事】
結城市の音楽フェス「結いのおと」、会場風景1

関連リンク

Page Top