女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

ほかでは体験できない!丸1日楽しめる、大人気の「入場料がある本屋」とは

2018年の12月、東京の六本木にできたばかりの「文喫(ぶんきつ)」。ゆっくり本を読める閲覧室や、仲間との語らいに使える研究室、読書の合間に息抜きができる喫茶室などが揃った本屋さんです。あらゆるジャンルの書籍が数多く並ぶ中から、じっくりと時間をかけてお気に入りの本を見つけてみては。

本をじっくり選ぶための設備が整った、入場料がある本屋さん

photo
2018年の12月に六本木にオープンしたばかりの「文喫(ぶんきつ)」は、約3万冊ものあらゆるジャンルの書籍が揃っている本屋さん。さまざまな本の中から好きな本を探すという点は一般的な書店と同じですが、入場料を支払うという独自のシステムがあります。そのほか、ゆっくり読書を楽しめる席や、仲間と本について語らえるお部屋、おかわり自由のドリンクといった設備が整えられており、丸一日じっくり読書に没頭できる環境となっています。

思いがけない本との出合いもあるかも

photo
店内に入ったら、まず初めに総合受付にて入場料1,500円(税別)を支払い、入場バッジを受け取ります。そのあとは、たくさんの書籍が並ぶ選書室にてゆっくりと読みたい本を選んでください。多岐に渡る分野の書籍がずらりと本棚に置かれているので、意中の本のほかにも偶然の出合いがあるかもしれません。

お気に入りの場所を見つけて読書に没頭できます

photo
こちらは、広めの机とゆったり座れる椅子が12席並ぶ「閲覧室」。気になる本を何冊か持ち込んでぱらぱらとめくってみるのもよし、一冊をじっくりと読み込んでみるのも良し。文喫にある書籍はもちろん全て購入可能なので、読書に集中できるこのスペースで欲しい本をゆっくり吟味してください。

また、閲覧室のほかにも、仲間と談笑したり打ち合わせができる「研究室」というお部屋もあります。好きな本について話したり、本から得たアイデアを共有したりと、閲覧室とはまた違った有意義な時間を過ごせそう。文喫は、ひとりでも複数人でも本との時間を楽しめる書店なのです。

コーヒーと煎茶はおかわり自由

photo
店内には、読書の合間に食事を楽しめる「喫茶室」も。なんとコーヒーと煎茶はおかわり自由。そのほかにも、お料理・ケーキ・アルコールといったメニューが充実しているのが嬉しいですね。本を読んでいて集中力が切れたら、喫茶室で一旦頭をクリアにしてみてはいかがでしょうか。

ほかの書店では味わえない本との時間を楽しんで

photo
1階のエントランスには、定期的に本にまつわる企画展示を行う「展示室」があります。この奥には壁一面の雑誌棚があり、そこに並ぶ書籍も購入が可能。このスペースは入場無料なので、近くを通りかかった際は気軽に立ち寄ってみてください。

本好きにとっては、本を読む時間はもちろん、本を探して選ぶ時間も同じくらい楽しいひと時。心行くまで気になる本を探せるのは、本に没頭できる空間と息抜きができる空間の両方が備わっている文喫だからこそできること。一般的な書店ではできないこの素敵な体験を、ぜひ味わってみてください。

writer / ひの photo / 文喫

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。


【Not Sponsored 記事】
東京の六本木にある本屋「文喫」の店内写真1

関連リンク

Page Top