女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

まるでお花畑な梅に感動!開花ラッシュ&絶景が楽しめる東京の梅まつり&梅の名所まとめ

「新東京100景」にも選ばれる梅の名所/湯島天満宮(湯島天神)

湯島天神

学問の神様として信仰を集める湯島天満宮(湯島天神)は、梅の名所として、東京都によって選定された「新東京百景」にもその名を連ねています。

湯島天神さまとして祀られている、平安時代に学者や政治家として活躍した秀才・菅原道真がかつてこよなく愛したという梅の花。境内には、白梅である加賀梅を中心に、約20種類・約300本の梅が咲き誇ります。

見頃を迎える2月中旬~3月上旬には、清々しく心地よい梅の香りが漂う中で「梅まつり」が盛大に行われます。期間中は土・日・祝日を中心に日替わりで数々の催し物が行われ、湯島界隈の老舗の出店などもあり、毎年多くの人でにぎわいます。

夜神梅


2019年の梅まつりの開催日程は、2月8日(金)〜3月8日(金)。なかでも見どころは、ライトアップされた「夜神梅(やかんばい)」。夕方より20時の閉門まで梅園が照らし出されます。夜に見る梅の姿もまた、格別。日中とは違う美しさで、私たちを魅了してくれますよ。

なんでも、都内でここまで美しく剪定された梅園はなかなかないのだとか。美しい梅の姿があかりと月光で照らされる様子は、この時期だけのお楽しみです。

湯島天神梅まつり 2019
開催場所: 湯島天満宮(湯島天神)
開催日時:2019年2月8日(金)〜3月8日(金) 8:00~19:30
入園料:無料
電話番号:03-3836-0753
最寄駅:湯島



水戸黄門ゆかりの地で梅を愛でつつ、江戸時代に思いを馳せる/小石川後楽園

小石川後楽園


小石川後楽園は、江戸時代初期、寛永6(1629)年に水戸徳川家初代藩主・頼房が造成し、水戸黄門で知られる二代藩主・光圀の代に完成しました。都内に現存する大名庭園の中で最も古く、国の特別史跡・特別名勝に指定されています。

江戸期の庭園として典型的な回遊式庭園で、海、山、川、田園に見立てた起伏に富んだ景観の中に、和漢の景勝地が巧みに配されています。

園内の奥には梅林があり、春には他の花に先駆けて梅の花が開花します。

梅香る庭園


見頃の時期になると、梅まつり「梅香る庭園へ」が開催され、梅の花を愛でる多くの人で毎年にぎわいます。2019年の開催は、2月9日(土)~3月3日(日)です。

特別ガイドツアーなど体験型のイベントを楽しんだ後は、梅の香りが漂う松原で、箏の演奏にゆったりと耳を傾ける。そんなふうに梅を楽しむのもまた、いいひとときです。

小石川後楽園「梅香る庭園へ」
開催場所: 小石川後楽園
開催日時:2019年2月9日(土)~3月3日(日) 9:00~17:00(最終入園は16:30)
入園料:一般300円、65歳以上150円
電話番号:03-3811-3015(小石川後楽園サービスセンター)
最寄駅:後楽園、飯田橋



世田谷の春の風物詩「せたがや梅まつり」を満喫/羽根木公園

羽根木公園


世田谷区の梅ヶ丘駅より歩いて5~6分ほどの場所に位置する羽根木(はねぎ)公園。プレーパークや児童遊園、図書館やスポーツ施設などさまざまな施設が併設されており、老若男女が楽しめる区民の憩いの場となっている公園です。

こちらの公園には、約650本(紅梅約270本、白梅約380本)の梅が植えられている梅林があります。その種類は、八重寒紅、八重野梅、道知辺(みちしるべ)、白加賀、思いのままなど、約60品種。じっくり観察すると、花びらの形や大きさなどがそれぞれに違い、さまざまな観梅を楽しむことができます。

なかでも観賞スポットとしてオススメなのが、梅ヶ丘駅口の梅林。見事な景色は、スマホを片手に写真に収めてしまいたくなることうけあいです。

せたがや梅まつり


毎年開催される「せたがや梅まつり」は、“世田谷の春の風物詩”として、世田谷だけでなく遠方からも多くの方が訪れます。

2019年の開催は2月9日(土)〜3月3日(日)の約1カ月間。期間中はさまざまな催し物が開催されるので、梅の香りにつつまれながら、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

せたがや梅まつり
開催場所: 羽根木公園
開催日時:2019年2月9日(土)〜3月3日(日) 10:00~16:00
入園料:無料
電話番号:03-3322-0415(羽根木公園有料施設窓口)
最寄駅:梅ヶ丘、東松原



高層ビルを眺められる公園で感じる“都会の梅”/新宿御苑

新宿御苑


江戸時代に信州高遠藩主・内藤家の屋敷があった地に、皇室の庭園として造られた新宿御苑。広さ58.3ha、外周3.5kmを誇る広々とした敷地には、美しい整形式庭園や広大な芝生の風景式庭園、伝統的な日本庭園が巧みに組み合わされており、明治を代表する近代西洋庭園とも言われています。

また、皇室の伝統を受け継ぐ風景式庭園の旧洋館御休所や日本庭園の旧御凉亭などの歴史的建造物を見ることもできます。

茶室・楽羽亭前


園内にはさまざまな樹木や花が植えられていますが、梅もまたその一つ。日本庭園、茶室・楽羽亭前(写真)、レストランゆりのき前は、たくさんの梅が咲く観賞ポイントです。

ほかにも玉藻池、新宿門などでもちらほらと梅の姿が見られます。例年、2月中旬から3月中旬にかけてが見頃となります。

新宿御苑の梅


すぐそこに新宿の高層ビルを眺められる都会のど真ん中。かわいらしい梅の姿とビルの対比が、なんとも心にしみます。新宿御苑はそんな、都心ならではの梅見が楽しめるスポットですよ。

新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町 11
電話番号:03-3350-0151(新宿御苑サービスセンター)
開園時間:9:00~16:00(閉園は16:30)※2019年3月19日〜9月30日は9:00~17:30(閉園は18:00)、7月2日~8月20日は9:00~18:30(閉園は19:00)
休園日:月曜(月曜が祝日の場合は開園、翌平日休み)、12月29日~1月3日 ※特別開園期間(春:3月25日~4月24日、秋:11月1日~15日)は無休
入園料:一般200円、小中学生50円、幼児無料
※2019年3月19日より一般500円、小中学生無料に料金改定(その他割引料金設定あり)
※園内は酒類持込禁止、遊具類使用禁止(こども広場除く)
最寄駅:新宿御苑前



森と一体化した博物館に咲く1,000本超の梅/府中市郷土の森博物館

府中市郷土の森博物館

©Tomohisa Tamura

穏やかな東京郊外の景色が広がる多摩川に隣接した、都内といえども自然が存分に満喫できる郷土の森博物館。
約14haの敷地内には、昔の農家や小学校、歴史的な建物などが配置され、森全体を博物館として楽しめるよう設計されています。施設内には、季節になると60種類・1,100本の梅が咲き誇ります。

府中市郷土の森博物館の梅

©Tomohisa Tamura

梅が見頃になる季節には、毎年「梅まつり」が開催されます。2019年の開催は、2月2日(土)〜3月10日(日)。期間中は、茶会や琴・尺八の演奏会、古民家探検ツアーや手作り工房など、体験型の催し物もたくさん。イベントも楽しみながら、梅を観賞してみてはいかがでしょうか。

郷土の森 梅まつり
開催場所: 府中市郷土の森博物館
開催日時:2019年2月2日(土)〜3月10日(日) 9:00〜17:00(入場は16:00まで)
入園料:大人300円、中学生以下150円、4歳未満無料
電話番号:042-368-7921
最寄駅:分倍河原、府中本町、是政



粋な江戸文化を感じる催事とともに楽しむ梅まつり/向島百花園

向島百花園


江戸時代後期の文化・文政期(1804~30年)、骨董商を営んでいた佐原鞠塢(さはらきくう)が、交友のあった江戸の文人墨客の協力を得て、花の咲く草木観賞を中心とした花園として開園した向島百花園。整然とした大名庭園とはまた異なった趣がある、庶民的で文人趣味豊かな美しさが魅力の庭園です。
江戸時代後期の開園当初には約360本の梅の木が植えられ、「新梅屋敷」と呼ばれ親しまれました。

梅花彩る江戸花屋敷


梅の見頃を迎える時期には、「梅まつり~梅花彩る江戸花屋敷~」が開催されます。2019年の開催は、2月9日(土)〜3月3日(日)です。

こちらの庭園では、梅の姿や香りとともに、江戸の趣ある文化を楽しむことができるさまざまな催しが開催されます。

また、東京スカイツリーが眺められるスポットも。江戸情緒ある庭園に身を置いて眺めるスカイツリーと梅のコラボレーションは、まるで過去と現在をタイムトラベルしているかのような不思議な感覚を味わうことができますよ。

梅まつり~梅花彩る江戸花屋敷~
開催場所: 向島百花園
開催日時:2019年2月9日(土)〜3月3日(日) 9:00〜17:00 (入園は16:30まで)
入園料:一般150円、65歳以上70円
電話番号:03-3611-8705(向島百花園サービスセンター)
最寄駅:東向島、京成曳舟



旧甲州街道と小仏川沿いに咲き誇る約1万本の見事な梅林/高尾梅郷

高尾梅郷


旧甲州街道沿い約4.5kmの区間と小仏川沿いには、なんと約1万本の紅白の梅が咲き誇り、満開になったときの美しさは圧巻。東側から順に、遊歩道梅林・関所梅林・天神梅林・荒井梅林・湯の花梅林・するさし梅林・木下沢梅林・小仏梅林があり、これらを総称して「高尾梅郷(たかおばいごう)」と呼ばれています。

今年は、3月9日(土)と10日(日)に「高尾梅郷梅まつり」が開催されます。各梅林では露店や屋台が出店され、関所梅林では琴の演奏や、野外の茶会である野点(のだて)も行われます。

高尾梅郷の梅


木下沢梅林では1,400本もの梅が咲き誇り、まつりの時期には、園内が特別開放されます(今年は3月9日(土)〜24(日)の10:00〜16:00)。木下沢梅林ではトレッキングコースを散策できるので、ぜひ仲良しの友達やグループで挑戦してみてはいかがでしょうか。

高尾梅郷梅まつり
開催場所: 高尾梅郷
開催日時:2019年3月9日(土)・10日(日)9:00〜16:00
入園料:無料
電話番号:080-6758-1187(高尾梅郷梅まつり実行委員会)
最寄駅:高尾



東京タワーをバックに咲く梅の姿を楽しむ/芝公園

芝公園

▲写真提供:公益財団法人東京都公園協会

増上寺やプリンスホテルを環状に取り囲むように位置する芝公園は、明治6(1873)年に、日本で初めて公園として指定された歴史ある公園の一つです。園内には東京都最大の古墳があることでも知られています。

開放的な園内からはすぐ近くに東京タワーの姿を望むことができ、そのアクセスの良さからも、近隣住民にとどまらず、多くの人が足を運ぶ公園です。

芝公園の梅

▲写真提供:公益財団法人東京都公園協会

芝公園の梅の観賞スポットは、芝東照宮の横に位置する約70本の梅林です。この梅林は、江戸時代には現在の新宿区西新宿三丁目の東京ガスの敷地にあったものが明治時代にこの地に移植されたもので、 かつては「梅屋敷銀世界」と呼ばれていました。

2019年2月15日(金)と16日(土)には、「梅まつり」も開催されます。野点茶会や琴の演奏、職員による歴史ガイドや歴史遺産クイズなど参加型の催し物も盛りだくさん。

東京タワーの姿と一緒に歴史ある梅林を眺めつつ、春の訪れを味わうのもステキですね。

芝公園梅まつり
開催場所: 芝公園
開催日時:2019年2月15日(金)・16日(土) 11:00~15:00
入園料:無料
電話番号:03-3431-4359(芝公園サービスセンター)
最寄駅:芝公園、御成門、赤羽橋



美しい日本庭園を散策しながら、ゆっくり梅を観賞/六義園

六義園


六義園(りくぎえん)は元禄15(1702)年に、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉の側用人であった柳澤吉保により、別邸として造られた庭園です。『万葉集』や『古今和歌集』などにも多く詠まれた紀州・和歌の浦をはじめとした歴史深く美しい景観を、園内に映し出しています。
秋の紅葉や春の桜が美しいことで知られる庭園ですが、春の訪れを少しずつ感じられるようになると、かわいらしく咲く梅の姿も楽しむことができます。

六義園の梅


美しい庭園に、ぽっと灯をともすように咲く梅。数こそ多くはないですが、日本庭園をゆったりと散歩するなかで、ぽつりぽつりと出合う梅の姿はとてもかわいらしく、ほんのりと香ってくる梅の香りに思わず心が和みます。

種類は、白梅や紅梅などさまざま。特に観賞にオススメのスポットが、庭園を見渡すことができる藤代峠です。吹上茶屋でお菓子とお抹茶をいただきながら、庭園に咲く梅を楽しむのもいいですね。

六義園
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
電話番号:03-3941-2222(六義園サービスセンター)
開園時間:9:00~17:00 (入園は16:30まで)
休園日:12月29日~1月1日
入園料:一般300円、65歳以上150円
最寄駅:千石、駒込



取材・文/aica

※2019年2月9日時点の情報です。イベント期間や料金など、情報は変更になる場合があります。
※料金はすべて税込です。





【Not Sponsored 記事】
まるでお花畑な梅に感動!開花ラッシュ&絶景が楽しめる東京の梅まつり&梅の名所まとめ

関連リンク

Page Top