女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

今ハワイで注目度ナンバーワンの新しい乗り物「アービー(URB-E)」ってなに?!

spo_1.jpg

アロハ、スポナビハワイです!電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」や、昨年スタートしたばかりのバイクシェアリング「BIKI(http://www.hawaiist.net/topics/oahu/25740)」など、ホノルルには自動車以外のエコな移動手段がありますが、今注目を集めている新しい乗り物といえば「アービー(URB-E)」。

「アービー(URB-E)」とは
spo_11.jpg

「アービー(URB-E)」とはカリフォルニア、パサデナ生まれの「電動二輪車」で、公道では「自転車」として認識されています。平均時速29キロと、あまりスピードは出ないので初心者でも安心してトライできる乗り物なんです。また、一度の充電で32キロもの距離を走ることができます。

どうやって乗るの?
spo_0.jpg

アクセルはスクーター同様、右ハンドルに付いているスロットルを回します。加速がゆっくりなので、乗り始めはバランスを取るのが少し難しいと感じるかもしれませんが、スピードに乗るとスイスイ進み、自転車よりも楽ちん!

気になる乗り心地は

ハワイの道路は結構デコボコしているので「お尻が痛くなるんじゃ…」と心配だったのですが、サドルが大きくスプリングがクッションになっているおかげか、振動や衝撃は意外と感じられません。

ダイヤモンドヘッドを一周するツアー

実際に「アービー(URB-E)」に乗ってみたい!という方に、ワイキキから出発してダイヤモンドヘッドをぐるっと一周するツアーをご紹介しましょう。

spo_3.jpg

カピオラニ公園近くからスタートして、海風を感じるクイーンズビーチ沿いの小道を走行。途中、オープンエアの「ベアフット・ビーチ・カフェ(http://www.hawaiist.net/topics/oahu/8354)」で一休み。

spo_4.jpg

次にマカレイビーチパークへ。ここはとても小さな砂浜と芝生エリアがある隠れ家的ビーチ。旅行者が多いワイキキから数分の場所なのに、雰囲気は全く違います。

spo_5.jpg

ダイヤモンドヘッドルックアウトに到着!目の前に展開するエメラルドブルーの海と心地よい風に癒されます。ここまでの道のりは通常の自転車ではかなりキツイ上り坂なのですが、「アービー(URB-E)」なら難なくスイスイ登れちゃいます。

spo_6.jpg

そして、ダイヤモンドヘッドロードを道なりに進んで、次の目的地であるダイヤモンドヘッドの入り口まで進みます。

ハイキング付きのツアーもあり
spo_7.jpg

上記ツアーのほかに、ダイヤモンドヘッドでのハイキング付きツアーもあります。一度は登っておきたいダイヤモンドヘッド、まだ頂上まで行ったことのない方はぜひ!

spo_8.jpg

ワイキキからマカレイビーチパークを経由してダイヤモンドヘッドの麓へ。ハイキングで疲れても「アービー(URB-E)」があるから帰路も楽々!

spo_9.jpg

自動車でのドライブもいいですが、五感でハワイの自然を楽しめるのが「アービー(URB-E)」の大きな魅力ですね。

spo_12.jpg

「ダイヤモンドヘッド一周ツアー」「ハイキング付きツアー」ともに、ワイキキから少し離れたモンサラット通りに立ち寄るのもうれしいポイント。30~40分の自由時間があるので、ロコや旅行者に人気のカフェやショップを覗いてみては。

spo_10.jpg

両ツアーとも、最後はアラワイ運河沿いのまっすぐな道を進んでワイキキに戻ります。ハワイの美しい景色を眺めながら走ることができて爽快でした!

ワイキキの街中を、ビーチ沿いを、展望台を、人気のストリートを、この「アービー(URB-E)」で楽々と巡ってみませんか?

「アービー(URB-E)」ツアーの詳細とご予約はこちらから
http://www.sponavihawaii.com/activity/cycle/BIKE011(http://www.sponavihawaii.com/activity/cycle/BIKE011)

スポナビハワイ(SpoNavi Hawaii)
スポナビハワイは「ハワイでスポーツを楽しもう!」というコンセプトのもと、ハワイのスポーツ情報を紹介し、新しいハワイ旅行の提案をしています。詳しくはwww.sponavihawaii.com(http://www.sponavihawaii.com)をご覧ください。

ノースショアへ行こう!


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

Page Top