女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

多国籍なテイストが融合した「スクラッチ・キッチン&ベイクショップ」でコンフォートフードを堪能

sc_top.jpg

ここ数年、エッジの効いたスタイリッシュでオリジナリティあふれるカフェやバーが続々とオープンしているダウンタウン。今回フィーチャーするのは、1年前にオープンして以来、あっという間に人気者になった「スクラッチ・キッチン&ベイクショップ」。人気の秘密は、ハワイの食材を使いながらも、異文化の料理を巧みに取り入れアレンジしたメニューの数々。

sc_1.jpg

天井が高いニューヨークスタイルの店内には、カジュアルなテーブル席とオープンキッチンを目の前にしたカウンター席が。おしゃれだけどフレンドリーな心地よさも兼ね備えた空間が広がります。では、さっそく朝食に人気のメニューからご紹介していきましょう。

sc_2.jpg
ミルクとシリアルのパンケーキ

ミルクとシリアルといえば、アメリカンブレックファストの定番。その定番朝食と大人気のパンケーキをドッキングさせたのがこのメニュー。4枚重ねのパンケーキは1枚が小ぶりなので、一人でも問題なくペロリと食べられるボリュームです。

sc_3.jpg
ミルクとシリアルのパンケーキ($10)

おいしさの秘密は、サクサクのコーンフレークとフワフワのパンケーキという、異なる食感のコンビネーション。コンデンスミルクを使ったシロップは甘すぎずライトな味わいで、男性ファンも多いメニューなのだとか。

クレオール・シュリンプ・グリッツ

どこかエスニックなルックスのこのメニューは、アメリカ南部で朝食によく食べられている”グリッツ(とうもろこしの粉で作ったおかゆのようなもの)”にひと工夫加えたもの。ちなみにこのグリッツは、毎週サウスカロライナから取り寄せている本場ものなんですよ。

sc_4.jpg
クレオール・シュリンプ・グリッツ($14)

コーヒーで味付けしたグレービーソースをたっぷりかけ、その上にフライドエッグをオン。さらに、ハワイ産のシュリンプとポルトガルソーセージ、オニオンをトッピングした豪華な一品です。プリプリのエビをグリッツと半熟の卵にからめて食べるとおいしい~!1度は食べてほしいユニークなメニューでした。

sc_5.jpg
BLTベニー

イングリッシュマフィンの上にベーコン(B)、レタス(L)、トマト(T)とポーチドエッグをのせたエッグベネディクト。今回はレタスの代わりにケールでしたが、ルッコラの時もあるそう。ポテトと焼きトマトが付いてサイドも充実しています。シェフ自慢のこの香ばしいポテトは、焼いて、潰して、フライするという手間暇かけたもの。外はカリッ、中はホクホクで病みつきになりそう!

sc_6.jpg
BLTベニー($12)

エッグベネディクトには欠かせないオランデーズソースは、高級フレンチに近い味わい。ポーチドエッグの黄身もとろ~りと最高の状態です。振りかけられたスモークパプリカがおいしさに華をそえています。

sc_7.jpg
チラキレス

小さめの鉄のフライパンに入って登場した熱々の一品は、今人気のスキレット料理。目玉焼きの下にシュレッドチキンとトルティーヤチップスが隠れん坊しています。トマトのチポトレサルサとコチュジャンで味付けされているので、かなりホット!

sc_8.jpg
チラキレス($13)

トッピングにはエスニックな風味あふれるパクチーで、アジアンテイストに拍車をかけます。スパイシーな具を目玉焼きの黄身とライムクリームソースにからめると、マイルドで品のある味わいに変えてくれます。

sc_9.jpg

定番料理を工夫した珍しい料理が評判の「スクラッチ・キッチン&ベイクショップ」。どのメニューにも意外性があり、一口食べて驚くこともしばしば。世界のいろんな国の食材や料理手法を交えて実現させた“コンフォートフード”、1度経験してみませんか?

関連リンク

Page Top