女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

2016年絶対行くべき、国内旅行おすすめスポット6選

【国内旅行/女子旅プレス=2月10日】2016年の春休み、GW、夏休みはまだまだ先のことと思っていませんか?今から計画的に旅行プランを練っておくと、現地情報のリサーチに時間がとれて、旅先での過ごし方を充実させることができますよ。今年は北海道新幹線開通による北海道・東北方面への観光客の増加や、北海道・洞爺湖サミット以来、約8年ぶりとなる三重県・伊勢志摩サミット開催が、国内旅行のトレンドに影響を及ぼしそう。今回は2016年おすすめの国内旅行先を6ヶ所ご紹介します。

・【北海道新幹線でレトロな赤レンガの街へ】北海道函館市
・【サミット開催、世界的なリゾート開業で世界が注目】三重県志摩市
・【プライベートプール付きのヴィラで贅沢バカンス】沖縄県読谷村
・【宮古ブルーの海を渡ってアイランドホッピング】沖縄県宮古島
・【15周年を迎える国内人気テーマパーク】東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン


北海道新幹線でレトロな赤レンガの街へ、北海道函館市



五稜郭 by Hales Suen
五稜郭 by Hales Suen
2016年北海道新幹線開通に伴い、東京から面倒な乗り換えなしで約4時間で新函館北斗駅まで行けるようになります。新幹線の駅から函館までは電車で約20分。

函館の観光スポットといえば、函館港に面して明治や昭和初期の面影を残す赤レンガ倉庫や、五稜郭タワーから見渡す函館山や津軽海峡、函館の地に見事な星形を描く「五稜郭」一帯の風景、そして「世界三大夜景」に数えられる函館山からの夜景が有名。

函館朝市に行けば新鮮な海の幸をお腹いっぱい味わえますし、函館のご当地ハンバーガーショップ「ラッキーピエロ」の人気No.1メニュー「チャイニーズチキンバーガー」を食べてみるのもいいでしょう。

函館旅行のお土産には「ペイストリー スナッフルス」という洋菓子店の「チーズオムレット」がおすすめ。半熟オムレツのような食感がたまらない、リピーター続出の人気スイーツです。チョコレート味とのセットもありますよ。

サミット開催、世界的なリゾート開業で世界が注目、三重県志摩市



最高級リゾートホテル「アマネム」/伊勢志摩NEMU HOTEL&RESORT全景/画像提供:三井不動産
最高級リゾートホテル「アマネム」/伊勢志摩NEMU HOTEL&RESORT全景/画像提供:三井不動産
東京から4時間、2016年主要国首脳会議(サミット)の開催地に選定された三重県志摩市。

来春には日本で2軒目のアマンとして、アマン史上初となる温泉付きリゾートホテル「AMANEMU(アマネム)」の伊勢志摩国立公園内への開業も控えており、既に国内外からの観光客の増加が見込まれています。

遥か昔から美しい志摩の景色と、御食国(みけつくに)と呼ばれたほどの滋味深い食材があるこの地に誕生する「AMANEMU」は、サンスクリット語で 「平和なる」を意味するアマンと、日本語の「歓び」を意味するネムから名づけられました。

客室一例「プレミアデラックルーム」/画像提供:三井不動産
客室一例「プレミアデラックルーム」/画像提供:三井不動産
全体コンセプトは「日本の原風景の再発見」。穏やかな英虞湾(あごわん)の海岸沿いに、全24のプライベート温泉付きスイートが造られ、またアマン・スパには広大な温泉施設の中に、専用のプール、4室のトリートメント・スイート、ジム、ヨガスタジオが揃い、さらに貸切温泉風呂をが2棟併設されます。

プライベートプール付きのヴィラで贅沢バカンス、沖縄県読谷村



ヴィラ内イメージ/画像提供:ザ・テラスホテルズ
ヴィラ内イメージ/画像提供:ザ・テラスホテルズ
那覇空港から車で70分、沖縄県の読谷村に全室プライベートプール付きのヴィラ「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」が2016年3月18日(金)に開業します。

レセプションハウスイメージ/画像提供:ザ・テラスホテルズ
レセプションハウスイメージ/画像提供:ザ・テラスホテルズ
ザ・テラスホテルズ第5のホテル「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」全景イメージ/画像提供:ザ・テラスホテルズ
ザ・テラスホテルズ第5のホテル「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」全景イメージ/画像提供:ザ・テラスホテルズ
ザ・テラスホテルズ第5のホテルとなる同施設では「自然との調和、自然への回帰」を基本に、地域独自の自然景観を生かしたビーチサイドリゾートとして、全48室のヴィラをはじめ、レセプションハウス、レストラン、バー&ラウンジ、ショップ&カフェ、アウトドアプール、ジム、エステルーム、農園、多目的ルームを完備。

宮古ブルーの海を渡ってアイランドホッピング、沖縄県宮古島



宮古島トリップ by koni_aiko
宮古島トリップ by koni_aiko
沖縄県内で4番目の大きな離島である宮古島。この島の魅力はなんといっても“宮古ブルー”と呼ばれる青い海。海の底まで澄み渡る海を一目見れば「日本一美しい」と言われても納得してしまうほど。

白い砂浜と宝石級にきらめく水面を眺めているだけで、思わずため息がこぼれてしまいます。特に宮古空港から車で約30分の与那覇前浜の美しさは東洋一とも言われ、バナナボート・ジェットスキーといったマリンアクティビティや、売店などの設備も充実。

また2015年1月、全長3.5キロの伊良部大橋が開通し、宮古島から車で伊良部島まで行けるようになったので、海を眺めながらのドライブがてらアイランドホッピングを楽しんでみては。

15周年を迎える国内人気テーマパーク



「ユニバーサル・クールジャパン 2016」特命大使に就任したきゃりーぱみゅぱみゅ(C)モデルプレス
「ユニバーサル・クールジャパン 2016」特命大使に就任したきゃりーぱみゅぱみゅ(C)モデルプレス
2016年は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが3月31日にパーク開業15周年を迎え、東京ディズニーシーの15周年イベント“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”が2016年4月15日(金)に開幕するアニバーサリーイヤー。

この記念すべき年に、ディズニーシーでは、アニバーサリーイベントとして4月15日から337日間、メディテレーニアンハーバーでの新ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」を公演し、15周年ならではのハロウィーン、クリスマスのスペシャルイベントなど内容盛りだくさん。

「ユニバーサル・クールジャパン 2016」オープニング・セレモニーの様子(C)モデルプレス
「ユニバーサル・クールジャパン 2016」オープニング・セレモニーの様子(C)モデルプレス
USJには「ジュラシック・パーク」の世界を猛スピードで飛行するフライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」するほか、1月15日(金)からきゃりーぱみゅぱみゅを特命大使に迎えた「ユニバーサル・クールジャパン 2016」が開催されます。ますます楽しさ溢れる2つのパークへ大いに注目が集まる1年になること間違いなしです。

いかがでしたか?

2016年おすすめの国内旅行先は、週末2日でも気軽に行ける場所ばかりなので、周りの誰よりも先にトレンドのスポットへ足を運んでみてはいかがでしょう。(女子旅プレス/modelpress編集部)

1枚目画像:https://www.flickr.com/photos/halesuen/17301789025/
7枚目画像:https://www.flickr.com/photos/koni_aiko/8137651499/
8枚目画像:https://www.flickr.com/photos/koni_aiko/8137664175/
※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

関連リンク

Page Top