女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

貰うと嬉しい「おみやげグランプリ2016」受賞フード&ドリンク厳選7つ

【女子旅プレス】おみやげ選びの基準は「渡す相手に喜んでもらえるかどうか」が絶対条件。今回は、国内から海外まで誰もが喜んでもらえるような「おみやげ」を日本全国各地より募集し、日本の魅力を再発見できるような逸品を発掘する「おみやげグランプリ2016」にて、フード・ドリンク部門に集まった184の応募の中から賞を受賞した6つのおみやげをご紹介します。

開けてびっくり!お寿司にしか見えない和菓子



日本風彩菓「てまり寿司」/虎屋本舗(広島県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会【モデルプレス】
日本風彩菓「てまり寿司」/虎屋本舗(広島県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会【モデルプレス】
全国184の応募の中からフード・ドリンク部門のグランプリに輝いたのが、虎屋本舗(広島県)の日本風彩菓「てまり寿司」。

一見、マグロやタコのてまり寿司の詰め合わせに見えますが、実は8種類の寿司ネタすべてが、自家製の白あん、羊羹、レモン餡など和菓子の素材で作られたもの。

寿司ネタのツヤ感まで見事に再現されていて、お菓子とわかっていても新鮮な魚介類に見えてしまうくらいです。

蝶や桜をとじこめた、かわいいもなか



「そっと ひらくと 」/御菓子調進所 山海堂(石川県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
「そっと ひらくと 」/御菓子調進所 山海堂(石川県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
「コーヒースピリッツ」/新里酒造(沖縄県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
「コーヒースピリッツ」/新里酒造(沖縄県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
準グランプリに輝いた、御菓子調進所 山海堂(石川県)の「そっと ひらくと」という和菓子は、ずばり「かわいい」がコンセプト。

かわいいものが好きな女性たちのリアルな声をもとに、2年もの試行錯誤の末生まれた「そっと ひらくと」は、もなかを上下にそっと開くとその季節にあったモチーフの干菓子と金平糖がとじこめられています。

例えば春であれば、蝶、桜、花びら、すみれといった春らしいイメージの干菓子が、夏であればスイカや星と、ひらくと手のひらに季節があふれだすような素敵な和菓子です。

牛乳と割っても美味しい“コーヒー泡盛”



沖縄県といえば泡盛が有名ですが、新里酒造では、泡盛に水出し珈琲をブレンドした「コーヒースピリッツ」というユニークな泡盛を生み出し、これまで泡盛が苦手だった女子からも人気を集めています。牛乳と一緒に割ると飲みやすくて美味しいんだそう。

笠を被った旅がらすをリアルに再現したもなか



「飛騨街道 旅がらす」/まるでん池田屋(岐阜県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
「飛騨街道 旅がらす」/まるでん池田屋(岐阜県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
まるでん池田屋(岐阜県)の「飛騨街道 旅がらす」は、三度笠を身につけて旅をするかわいらしい「旅がらす」をリアルに再現した、インパクト大のあんこもなか。

箱を開けた時の相手の喜ぶ顔が見えるような、人にあげるのが楽しみになるおみやげです。

モダンな和風の包み紙がかわいいおせんべい



「日光甚五郎煎餅」和柄シリーズ/石田屋(栃木県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
「日光甚五郎煎餅」和柄シリーズ/石田屋(栃木県)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
石田屋(栃木県)の「日光甚五郎煎餅」和柄シリーズは、モダンな和風の包み紙が素敵なおせんべいの詰め合わせ。おせんべいは塩とバター風味の「伝統塩バター」をはじめ「ピリ辛一味」「じゃがバター」など、ひと捻りきいたさまざまな味を取り揃えています。

海外でもきっと喜ばれる!お寿司そっくりの飴



「すし折飴」/アイル(大阪府)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
「すし折飴」/アイル(大阪府)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
アイル(大阪府)からは、マグロ、サーモン、巻きずし、トロ、北寄貝、たまごの6種の寿司ネタを、飴で再現した本物そっくりの「すし折飴」と、おなじく飴でおはじきを再現した「おはじきキャンディ」の2つが受賞。

「おはじきキャンディ」/アイル(大阪府)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
「おはじきキャンディ」/アイル(大阪府)/画像提供:ふるさと祭り東京実行委員会
職人さんが1つ1つ丹精をこめて手作りしているので、ひとつとしておなじものはありません。日本ならではの寿司やおはじきモチーフのフードキャンディは外国の方へのおみやげにも喜ばれること間違いなしです。

いかがでしたか?

おみやげ選びは「とりあえず」感覚よりも、その土地、そのお店でしか手に入らない「限定」であることを重視した方が、貰う側の嬉しさも倍増するはず。センスの光る素敵なおみやげを選んで「これどこで買ったの?」と相手を驚かれせちゃいましょう。(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。
Page Top